脳内三銃士

アントニオ猪木が亡くなりました。アントニオ猪木といえば闘魂三銃士、人間の脳内にも三銃士が存在します。三種の神経伝達物質です。興奮や緊張にて放出されるノルアドレナリン、好奇心や快感を伴うドーパミン、幸福感や平安をもたらすセロトニンです。セロ…

ノロアドレナリンとは?

以前からセロトニンを減らさないことが重要とお話してきましたが、今回はノルアドレナリンついてお話します。 ノルアドレナリンは交感神経の緊張により分泌され、ストレス対抗ホルモンです。 セロトニン不足によりいらいら、不安を感じやすくなります。また…

コロナに漢方をうまく利用しましょう

コロナが猛威を振るってますね。 効く薬もいろいろ出始めていますが、あらためて漢方を考えてみたいと思います。 コロナも風邪ウイルスのひとつなので、漢方は役立ちます。 まず初期、いわゆる太陽病期、寒気がして熱が上がり始める時には、麻黄や桂枝など使…

不眠と便秘の関係

不眠症や便秘に悩んでいる方は多いですね。この両者とも交感神経が優位になると起こりやすく、腸管の蠕動が低下し便秘になり、また不眠を引き起こします。床についたら腹式呼吸をして、アロマ(ラベンダーやベルガモット)の鎮静作用もうまく利用するといい…

更年期障害も自律神経失調症の仲間

更年期障害はホルモンバランスの乱れにより起こりますが、結果自律神経の不調をきたします。だから自律神経失調症は女性に多く、また季節の変わり目に多く見られます。ストレスの増加によりセロトニンは減少し、不眠、頭痛などいろいろな不調が出現します。…

自律神経を整えましょう

自律神経には活動時に活発になる交感神経とリラックスしたときに活発になる副交感神経があります。現代社会にはストレスが多く、交感神経が優位になりがちで、乱れると頭痛、めまい、不眠、動悸、息苦しさ、便秘、下痢など様々な症状が出現します。自律神経…

不眠症にバナナ?

不眠症にバナナが効くんです。バナナにはトリプトファンが含まれていて、それがセロトニン分泌を促し、さらにメラトニンが夜に増加することにより、良好な睡眠が得られるようになります。睡眠不足は肥満につながるので、ダイエットにも効果があります。一度…

ドーパミンとは?

ドーパミンもセロトニンやノルアドレナリンと同様、脳内神経伝達物質で、快楽や喜びに関連します。不足するとパーキンソン病、過剰になると統合失調症になります。また快楽のドーパミンと不快のノルアドレナリンをシーソーのように調節するのがセロトニンで…

ノルアドレナリンについて

ノルアドレナリンはストレスを受けたときに対抗しようとして副腎から分泌されるホルモンです。集中力、判断力の向上に役立ちますが、あまり出すぎると交感神経優位になり、自律神経のバランスが崩れます。このバランスを取るのが前回お話したセロトニンで、…

セロト二ンについて

セロトニンは別名幸せホルモンと言われる脳内神経伝達物質です。 ストレスや過労により減少し、疲労、イライラ感、向上心の低下、仕事への意欲低下、協調性の欠如、うつ症状、不眠状態になります。 更年期症状にもよく似ています。 良好な睡眠、適度な運動、…

コロナに対抗するビタミンD

最近ビタミンDの効能が注目されています。骨粗鬆症の予防としての骨密度増強作用はもちろん、免疫増強作用による、コロナ感染症などに対する予防効果も期待されます。コロナ禍で長期間の屋内生活をしている方は、適度の日光浴やビタミンDの補充を行い、骨折…

コロナウイルスも風邪ウイルスの一つ

コロナウイルスも風邪症候群を起こすウイルスの一つです。 なので、治療法は漢方では一緒になります。 寒気がして熱の上がり始めは麻黄の含まれている麻黄湯、葛根湯を、汗が出てきて次の時期になると柴胡の含まれている小柴胡湯、柴胡桂枝湯、小柴胡湯加桔…

冷え性に意外な食材!

明けましておめでとうございます。 冬の間只中、冷えに悩まされている方も多くいらっしゃると思います。 冷えといえばしょうが、これにはカンギョウ、干したしょうがが効果的なのは以前にお話しました。 今回は別に効果的な食剤、それはサーモンです。 冷え…

不眠症に悩まされてませんか?

今日は不眠症のお話を。 不眠症に悩まされている方は多いですね。 自律神経の乱れによることが多いですが、アロマテラピーも効果ありますよ。 鎮静作用のあるラベンダーやベルガモット(紅茶のアールグレーの香り)を枕元に置くといいですよ。 逆に元気を出…

コーヒーがうつ病に効く?

最近の研究によると、コーヒーを定期的に飲むことで、うつ病が緩和される可能性があるといいます。 コーヒーがうつ病の発症率を抑制する理由として、2つの可能性が示唆されています。 適量のカフェインを摂取すると、精神運動性や覚醒度が向上するためです。…

「お酒は太る」は本当か?

Current Obesity Reports誌に掲載されたレビューの著者らは、飲酒と体重増加の間の経験的な関連性をよりよく評価するために、横断的研究、前向き研究、および臨床研究を調査しました。 アルコール摂取量と体重変化、BMI、その他の脂肪性指標との間には、関連…

ピーナッツ摂取量「多」、循環器疾患の発症リスク低下と関連

ピーナッツ摂取量が多いほど、脳卒中、脳梗塞、循環器疾患の発症リスクが低く、最も少ないグループに比べて、最も多いグループでは、脳卒中で16%、脳梗塞で20%、循環器疾患で13%の発症リスク低下との関連がみられた。 ピーナッツに含まれる不飽和脂肪酸、…

更年期にはぜひ漢方を

女性は平均で50歳前後で女性ホルモンの分泌低下により閉経します。 その前後5歳の45から55歳位にいろいろな症状が出現しやすくなります。 有名なものはホットフラッシュといって、カーッとのぼせる症状です。 他にも頭痛、肩こり、いらいら、不眠など…

不眠や不安に漢方を

寝付けない状態を「入眠障害」、途中で起きてしまう状態を「途中覚醒」、朝早く起きてしまう状態を「早朝覚醒」といいます。 いろんな原因で不眠や不安を引き起こしているようですが、漢方的には”気”の乱れが原因になっているようです。 特に”気”が高ぶる、…

コロナに感染してもワクチンを打つべきか?

感染で得られる免疫 < ワクチン接種で得られる免疫 の様です。 ある研究によると、過去に感染したことがない人も2回接種を完了した後には、「感染したことがあり、ワクチン接種をしていない人」よりも高い抗体価が得られています。 つまり、感染した後の抗体…

ワクチン完了者のコロナ感染死は0.001%未満

ワクチン完了者のコロナ感染死は0.001%未満/CDC 米国疾病予防管理センター(CDC)は、米国内で新型コロナウイルスワクチンの接種を完了した人のうち、コロナ感染により死亡した例は0.001%未満、重症化した例は0.004%未満に留まっていることを、最新デー…

SARS-CoV-2ワクチン接種後は家庭内感染リスクも半減する

英国のHousehold Transmission Evaluation Datasetを用いた分析 2021/07/20 わくCOVID-19 英国公衆衛生庁(PHE)のRoss J. Harris氏らは、SARS-CoV-2ワクチンの接種を少なくとも1回接種を受けた人が感染した場合の、家庭内における2次感染リスクについて検討…

座位時間が長いほど死亡率増

座位時間が長いほど死亡率「増」、日本人大規模研究で 京都府医大ほか、研究成果は、「Journal of the American Heart Association」に掲載 日本人6万人以上を平均7.7年間追跡調査したデータを用いて 京都府立医科大学は6月25日、座っている時間と死亡率の関…

湿疹に漢方

湿疹にも漢方は有効です。 じんましんなどの急なものには黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)や消風散(ショウフウサン)の様な熱をとって冷ます漢方を使います。 慢性的なものやアトピー皮膚炎には体質改善するような漢方を用います。荊芥連翹湯(ケイガイレ…

禁煙後に10kg太っても死亡リスクは低下する

今日は禁煙のお話です。 オーストラリアWestern Sydney大学のBerheW. Sahle氏らは、禁煙後に体重が増加する人が多いことから、体重増加が禁煙のメリットを相殺するかどうかを調べるために成人を対象とするコホート研究を行い、たとえ禁煙後の体重増加が10kg…

頻尿、尿失禁には?

一日の尿の回数は10回以内が普通です。 ただ、尿が漏れたり、回数が異常に多くなったり、我慢できなったりすることを 過活動膀胱と言います。 西洋医学的には抗コリン薬で膀胱の活動を抑えて治療します。 効果は良いですが、副作用として消化管の活動も抑…

腸内細菌叢に有害な食事とは? 成人1,425人の食習慣と腸内細菌叢との関連を検討 国際医学短信2021年5月12日 (水)配信 一般内科疾患消化器疾患内分泌・代謝疾患 普段から野菜や魚、食物繊維を豊富に摂取している人の腸内では炎症を抑える働きを持つ細菌が豊富…

認知症と紛らわしい病気

認知症と紛らわしい病気はたくさんあります。 うつ病や甲状腺機能低下症などなど。 本日外来受診された患者さんも物忘れとふらつが有るという事で受診されました。 頭部CTでは脳の委縮はありますが、アルツハイマー特有のものではなく、脳室の拡大が見られ…

自律神経失調症とは?

自律神経って聞いたことがありますか? その名の如く、自律して作動する神経のことで、自分の意思とは関係なく心臓、呼吸、消化、排泄、体温調節などいろんな働きをしています。 交感神経といって活動する神経と、副交感神経といって安静にする神経の2種類…

咽喉頭異常感症とは

咽喉頭異常感症とはのどに何かがある、何かが塞がってる、何かが詰まっている などの違和感を感じることです。 ストレスなどの不安、うつ状態などでよくみられます。 実際、胃カメラなどで検査しても異常なく、耳鼻科などいろいろドクターショッピングするか…